【自然言語処理】知識の構造化に向けた第一歩としての構文解析

Rで係り受け解析をやって語と語の関係を有向グラフにしよう!wanko-sato.hatenablog.comと思い立ったはいいのですが、これが考え出すとなかなかやっかいでして。そもそもどういうレベルで語と語の「関係」を定義づければいいのか、が自分の中であいまいだったようです。なので、ここで改めて、きちんと考え直してみよ…